読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン ハゲ ちゃびん日記

フィリピーナと結婚し、1女を設けてしまい。フィリピンに滞在すること事を決意。既に、数年を経過。。。フィリピンから見た日本そして、日本人から見たフィリピン。何が正しく、何が間違いなのか、混沌する世界をさておき、ひたすらに、文化の違いに悪戦苦闘する日々を綴る

「奥さん」がケータイ売っちゃった。

f:id:hirakusekihara:20170313102810j:plain

 

フィリピン妻を持つとよくある出来事。

親戚関係がお金がなくなると、またはお金に困ると、「お金を貸してくれ」。

 

私の”奥さん”の実家はそれほど貧乏な家庭でもなく、椰子の油の小さな工場を経営している、しかし最近は運営もうまくいってないようで、工場を売りに出すとの話は聞いていた。

 

今、工場を売りに出しているそうだ。

嫌な予感がしたが、予想通り”奥さん”より「妹の学費が払えないようで、お金を貸して欲しい」とのコメントが。。。

 

人によるだろうが、私の考え方として、一度貸してしまうと、次回から断る理由がなくなる。まず返ってはこない為、一度仕送りが始まってしまったら覚悟が必要だ。

 

それに、「何で貯金しないんだ。」という日本人として当たり前の思い。以前はそれなりに羽振りの良さそうな暮らしぶりだった。

結果私は、”奥さん”にしかとされたり、険悪になりながらも、頑なに断った。

 

そしたら。。。。1週間後。。。

 

”奥さん”の携帯がない。ちょっと仕事の都合で帰宅を遅くなる旨を伝えようと、鳴らしたが鳴らない。どうしたんだ?と訝知りながらも、帰宅する。

「Sorry, Late arrival. But I don't know why I cannot approach your phone..」

その夜、涙ながらに”奥さん”は告白する。

 

I’ve sold my phone. That’s why...」

 

繋がらない訳だ。

 

3,000Phpで売ったらしい、そして家族にそのお金をを送ったらしい。(1,000Php =約2,500円)私は頭を落とす。何なのだろう、この人達は。

翌日、新しいが型遅れのI-phone5を買いに行った。大分安くなってても約8,000Php。

 

この人達はバカじゃないのかと思う。だったら3,000Php渡した方が、ずっと安上がりである。ショッピングモールの帰り道、"奥さん”は言う「Don't tell my mother. She doesn't know about it.」

 

”奥さん”は私にお金の無心することを諦め、自分の携帯を売ったが、それを家族には知らせていないらしい。”奥さん”曰く、お母さんに心配をかけたく無いとの事。。。実に立派な心がけだ。

 

私の心配事は増えるばかりである。。。